Author Archives: 村山誠

ポリテクセンターから1名入社(๑>◡<๑)

6月より新たな仲間(Sさん)が増えました。
ポロテクセンターから来ましたので、技術は新人さんレベル。
弊社では、清風情報工科学院で教鞭をとっているKさんが、
3ヶ月の技術研修を行なっています。
ポロテクセンターで基礎は身についているようで、
研修でも飲み込みが早い。。
これからどう伸びていくか楽しみです。

Posted in お知らせ, スタッフから皆さんへ |

特許出願いたしました。(特願2022-011604)

現在、合同会社 サクセスナレッジと弊社戦略企画部商品開発室で
機器認証(パスワードレス認証対応)を共同で特許出願いたしました。

Posted in お知らせ, 開発事例 |

【先輩社員の声】西田さん(生え抜き5年目)

※イメージです。

■業務内容
・詳細設計書の作成・製造・テスト仕様書作成・テスト実施
・成果物のレビュー(設計書・プログラムソース・テスト仕様書・テスト結果)
・新人社員の作業内容管理とフォロー・若手社員のフォロー

■入社の決め手
学生時代にパソコンでゲームをして遊ぶことが多く、将来はパソコンを使った仕事に就きたいと考えていました。ただ、漠然としたイメージしかなく、明確な職種のイメージはこの時点では持っていませんでした。しかし、経済の短期大学在学中に、IT関連の基礎を学ぶ講義や日本語でコーディングできるプログラム言語の実習を受ける機会があり、授業を経てIT業界のエンジニアに興味を持ち始め、いつしかIT業界での就職をしたいと思うようになりました。就活を始めたものの、IT業界では専門の知識を学んだ専門学生などを募集しているイメージが強く、技術や知識に大きな差があるため、就活には不安がありました。そんな中、母校の短期大学にギガ・システムからの募集があり、すぐに会社説明会へ参加しました。説明会では、専門学校出身でなくとも、基礎の基礎から経験豊富な方に教えていただけると聞き、「ここでならば、自分の知識不足を補いながらエンジニアになることができそう!」と思い、入社しました。

■ギガ・システムでの挑戦
現在は受託開発にて、様々システムの開発に携わっています。「設計⇒開発⇒テスト」の工程を担当することもあれば、そのレビュワーを任されることもあり、様々な機能の設計書やソースコード、テスト仕様書を目にする機会があります。レビュワーとして一時的にプロジェクトを手伝うこともあり、そのような場合は疑問に思うことがいくつもあるため、書類を見てわからなければ相談し、場合によっては議論し提案をしたりもしています。ただ、説明能力にはまだ未熟な所があり、依頼・相談・提案の際にはうまく相手に伝えることができず苦労することがあるので、挫けずに意識しながら積極的に業務に取り組むことで、短所克服を図っています。

■ギガ・システムのいいところ
客先現場常駐だけでなく受託開発もしており、経験・知識・技術を学べる環境が多いです。客先現場常駐では一つのシステムに対して長期的に携わることで専門的な業務知識や技術を習得でき、常駐先のお客様とのやり取りを重ねることで、コミュニケーション能力や積極性を学ぶこともできます。受託開発では、様々な開発・改修のプロジェクトに参画できるため、幅広い知識・技術をサポートを受けながら学ぶことができます。客先現場常駐と受託開発の両方を経験できることで、エンジニアやプログラマーとしてスキルアップにつなげやすい環境を作り出せていることが良いところだと思います。

■今後のビジョン
コミュニケーション能力の高さを活かし、上長が担っているようなプロジェクトリーダーになれればと思っています。一度プロジェクトリーダーを任されたことがありましたが、個人的に満足いかない点が多々あったため、様々なプロジェクトに関わり、それぞれのプロジェクトリーダのやり方を学びながら、一歩ずつ目標に近づこうと思います。

■メッセージ
疑問に対してすこしでも積極的な姿勢でいること!!
これを意識し、行動に移せるようになればなるほど、
知識とコミュニケーション能力が身についていくと思っています。

Posted in スタッフから皆さんへ |

【先輩社員の声】北嶋さん(キャリア採用)

※イメージです

■現在の業務
客先に駐在し、基幹業務システムの保守運用及び開発を担当しています。

■合併してどのように変わって来たか
合併前は相談相手も同業種の同状況のメンバーである事が多く、
自分の中の認識がどこか固定化されていたように思います。
合併を経て、研修への参加、他業種のメンバーからの意見を聞く機会も増え、
今までとは違った視点で、企画・提案ができるようになったと感じます。

■ギガでの挑戦
中小企業であれば必ず必要な経理業務のうち、経営の根幹である財務処理や、
年度計画に関わる策定の支援システムの開発・保守をしています。
経理業務は未だ紙への検印印鑑が当たり前、そんな文化もこのコロナ禍の中で変化し
ています。法令や制度、職場の当たり前の変化に、率先して前に出て、新たな業務の仕
組化を促進しています。

■ギガのいいところ
様々なお客様があり、社内で他業種の説明会の開催を企画するメンバーがいたり、
オンライン飲み会のお誘いが来たり、成長を後押ししてくれる体制があったりと、
このコロナ禍の中でもコミュニケーションを図るべく行動する社員達がたくさんいる
ところでしょうか。自分が興味を持った事に対して背中を押してくれる社風が良いと
ころだと感じています。

■今後のビジョン
今までの知識や経験を後輩に伝え、時代の変化をチャンスに変え、
新しい当たり前をカタチにしていきたいと考えています。これまで以上にお客様の
隣に立ち、更なる「ありがとう」「楽になった」の声を貰えるよう、皆様の手助け
をしていきたいと思っています。

■メッセージ
システム屋は様々な盤面での翻訳機。
周りからありがとうを貰える素敵なお仕事です!

Posted in スタッフから皆さんへ |

【先輩社員の声】高野さん(キャリア採用)

※イメージです。

■業務内容
横浜事業所立ち上げ、売上計画に対する進捗管理、人材ビジネス営業活動、
商品開発に向けた営業活動、パートナー開拓など

■入社の決め手
大病を患い闘病生活後にどんな仕事をしようかと考えていたところ、
ビジネスコーディネーターのような方から営業職でお声掛けを頂きました。
ITを使った新しいサービス、ビジネスの開発、提供にもチャレンジ出来る魅力的な会社であることを知り、兼ねてよりやってみたいものもあり、入社を決めました。

■ギガシステムでの挑戦
事業基盤となっている受託開発、SESでのシステム開発の質の向上と拡大、自社オリジナル商品開発、サービスの提供を実現したいと考えております。

■ギガシステムの好きなところ
社員の人柄が良いことです。
一緒にやっていこうという高いモチベーションが生まれる環境があります。

■今後のビジョン
万里の道も一歩から。挑戦すべき目標に向かって、着実に足元の一歩一歩を
進めて行ければと思います。

■メッセージ
より良い未来のために、夢を作ろう(実現する)!!

Posted in スタッフから皆さんへ |

【先輩社員の声】松前さん(キャリア採用)

※イメージです。

業務内容
客先ととも話し合いながら開発を行ったり、請負で開発を行ったりプロジェクトにより異なるため、その業務にあわせて作業を行っていますが、基本的には、メンバーのフォローや各種レビュー、タスク管理を行っています。また、人手が足りなくなった場合は、自身でも設計・製造・テストを行っています。

入社の決め手
フリーランスを何年かやっていたのですが、いつまでもふらふらせずに就職しようかと悩んでいた時期に、同じ現場で仕事をしていたこともありお声がけいただきました。アットホームな雰囲気と社員同士の強いつながりを感じ、入社を決めました。

ギガでの挑戦
比較的新しい技術に携わる仕事を、早いうちからさせて頂いています。前例がなかったり、リスクが高いと躊躇するような内容のものでも、積極的にチャレンジしていく会社なので、本人にやる気があれば、色々なことを経験できると思います。

今後のビジョン
日々技術は進化し続け、次から次へと新しい技術が生まれている中で、顧客からのニーズもどんどん変わっていくと思いますが、それに応えられるよう知識と技術は更新していきたいと思っています。また、業務には「顧客」や「他メンバ」と複数の人とかかわり、皆で協力して作業を進めていくことが必要です。プロジェクトを円滑に進めるため、コミュニケーションスキルもを向上させたいと思っています。

メッセージ
私は若かりし頃はもともとシステムエンジニアを目指していた訳ではなかったので専門の学校に行っておりませんが、それでもこの仕事を続けていられるのは、この仕事が「おもしろい」と思う瞬間が多くあるからだと思います。新しいことにチャレンジするときの楽しさ(苦悩も多々ありますが)、他のメンバに助けて頂きながらもやり遂げたときの達成感など、やりがいのある仕事かと思います。
私のように知識など全くない状態でも、研修もあるので大丈夫です。
経験ないけどやってみたいなと思っている方は是非、
うちの会社で一緒に仕事をしてみませんか?

Posted in スタッフから皆さんへ |

【先輩社員の声】矢崎さん(生え抜き3年目)

■一日の流れ
①出社、メールの確認
②朝会(その日実施する作業を連携)
②製造、テストなど
③昼食
④製造、テストなど
⑤退社、ゲームなど趣味の時間


■業務内容
webシステムの開発、Android・iOSアプリの開発、保守などを行っております。
社内サーバーの調整なども行います。


■入社の決め手
新卒で入社いたしました。
大学のアルゴリズムの授業などで、プログラミングのロジックを考えるのが楽しかったので、
この業界に入ろうと思いました。一番決め手になったのは、合同説明会で代表取締役の
山本社長がとても親しみやすかったことです。
私は人と話すのが得意ではないですが、面接などでも気さくに話しかけてくれたので、
あまり緊張せずに話をすることができました。


■ギガでの挑戦
webシステムやAndroidアプリではjavaを使って開発を行いますが、iOSアプリでは
Objective-cやswift、サーバー側の処理ではphpなど、案件によって様々な
プログラミング言語を使用する必要があります。
言語ごとの書き方などを調べたり、教えて貰いながら開発を行っています。
いろいろなプログラミング言語の知識を付けることで、関われるようになる案件の種類も
増えていくと思うので頑張って覚えていきたいです。


■ギガ・システムのいいところ
入社してから初めに研修があるので、実際に業務に入る前にある程度プログラミングの
スキルを身に着けることができました。社内で定期的に「勉強会」というものが開催され、
興味のあるテーマだった場合は参加させてもらっています。
ソーシャルゲームの話などを聞けたりして面白いです。
社内では上司や先輩など、よく話しかけてくれるので、楽しいです。
「ギガ・システム」という名前はかっこいいので気に入っています。

■今後のビジョン
ゲームの開発に携われるようになるのが目標です。
アプリの開発や保守をしながら、プログラミングのスキルを磨きつつ、androidやiOSの
知識を身に着けていきたいと思っています。まだまだ知らないことも多いので、
資格を取得しながら勉強していきたいです。


■メッセージ
開発中はプログラムを書いているとエラーとか出るのですが、
どこが間違っているか探すのは楽しいです。

 

Posted in スタッフから皆さんへ |

特許出願いたしました。(特願2021-131928)

現在、合同会社 サクセスナレッジと弊社戦略企画部商品開発室で
機器認証(ワンタイムIDとワンタイムパスワード認証)を共同で
特許出願いたしました。

Posted in お知らせ, 開発事例 |

【合併に向け】山本社長(旧アールディーエス)

弊社は、近年2度合併をしています。
・2016年 ギガ・システムとアールディーエス
・2020年 ギガ・システムとアプライドエンジニアリング
合併に向け、経営者は、どのような思いがあったのでしょう。
そして、今どう進んでいるのでしょう。

旧アールディーエス社長 山本に聞いてみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【合併理由】
元アールディーエスの代表山本辰樹と申します。
2016年6月からギガ・システムの代表に就任しました。

アールディーエスの時代は、10人弱の会社で「人」「物」「金」などの制限が多く
成長ということがなかなか進まず苦悩しておりました。
その頃、仲良くさせていただいた「ギガ・システム社」と「アプライドエンジニア社」
も採用力や教育力、営業力のなさから同じような悩みがあることが分かりました。

受託開発の拡大、自社プロダクトの創出という同じ志あり
規模の拡大により、様々な問題が解決できると考え、
3社にて合併する運びとなりました。

【合併後、変化】
規模が大きくなっていくことで、
「営業担当」・「戦略担当」・「採用担当」・「総務・経理担当」といった
バックオフィスも少しずつ充実することができました。
兼務の多かった管理職を兼務していた技術者は、システム開発に専念できるよう
になってきました。
また、自社プロダクトを開発する余力もうまれ、特許出願するまでにも成長してきて
います。仕事の選択肢も大きく広がってきたと思います。

【合併後、考え】
代表に就任してから多くの仲間に恵まれ、お客さまを始めたくさんの方々に
助けられながら今の現状があります。
その方々に少しでも恩返しができるよう会社も私自身も成長をしていきたいと
考えております。
まだまだ、志半ばですが、ギガ・システムに関わっている皆様(社員に限らず)が
笑顔でいられるようにをモットーに頑張っていきたいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合併後、山本は代表取締役として、会社を引っ張って行っております。

Posted in 経営陣の決断 |

【合併に向け】内山元社長(旧アプライドエンジニアリング)

弊社は、近年2度合併をしています。
・2016年 ギガ・システムとアールディーエス
・2020年 ギガ・システムとアプライドエンジニアリング
合併に向け、経営者は、どのような思いがあったのでしょう。
そして、今どう進んでいるのでしょう。

旧アプライドエンジニアリング社長 内山に聞いてみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【合併理由】
合併時、アプライド・エンジニアリングは
15名の会社でした。
人材を採用する為の予算がとれず、社員を増やす事も容易ではございませんでした。

合併を決意した理由としまして、
業界環境の変化が激しい中、
営業力がなく、新規顧客開拓ができない状況でした。
結果として、長期安定した「保守・運用」案件が主な受注となりました。
過去何度か新規事業に挑戦しましたが、限られたリソースの中でしか行えず
思うようには結果は出せませんでした。

改めて新規事業に挑戦する為、保守・運用がメインスキルの社員たちを
開発メインに移行し、開発中心の会社にする事も考えておりました。
その結果、社員の成長、会社の成長が停滞していると感じていたところ、
ギガ・システムの新規事業への挑戦の考えに共感し、営業力にも魅力を感じ、
一緒に出来ればと決意しました。

【合併後、変化】
社員共々、
確実に新たなステップへと意識は変わってきています。

【合併後、考え】
新規事業として何かを自社開発し・・・と漠然と思っていましたが、
正にギガ・システムはに新しい事へ挑戦をしている会社でした。
「共に、新しい事へ挑戦をしていきたい。」
「皆が輝ける会社にしたい。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
現在、内山は取締役として、経営に参画しております。

Posted in 経営陣の決断 |