【先輩社員の声】 土井さん

  • 【担当】AWS推進PJを推進するプレーイングマネージャー
  • 【入社】2020年度
  • 【役職】関西オンサイト1部 課長

業務の内容

エンドユーザから出てきた要望をもとにエンドユーザと話をしながらシステム案を考えています。
予算枠の範囲に応じて最適な費用対効果が出せる様に松竹梅の3案程度を提示し、合意形成を取っています。
決まった内容について現場メンバーへ説明し、詳細設計・製造・テストのタスクを割り振り、対応してもらいます。
案件によっては、自社受諾作業(外注)で対応してもらうプロジェクトもあります。
現場メンバーへのタスク割り振りでは、メンバーのスキルアップを考えながら、各タスクをアサインします。
現場メンバーのフォローや各種レビュー、自社受諾作業のブリッジ(QA対応、フォロー、受入レビュー、etc.)を実施しています。
自身でも詳細設計・製造・テストを行いながら、現場メンバータスクや自社受諾作業のプロジェクト進捗管理を実施しています。

一日の流れ

  1. 出社、メール、チャット連絡の確認、当日の作業優先度の組み立て
  2. 問合せ対応、メンバーフォロー、プロジェクト進捗管理
  3. 自社受諾案件のブリッジ作業(QA対応、資料提供、etc.)
  4. 昼食、案件見積作成、資料作成、メンバーフォロー
  5. エンドユーザとの打合せ、問合せ対応、メンバーフォロー、自身担当プロジェクトのタスク実施
  6. 退社、家族との時間

入社の決め手

転職を考えていた時期に前職でお世話になった方からお誘いがあり、 今後、自分がやりたい事と目指したい未来が、会社でどの様に実現できるかについて納得がいくまで話し合い入社を決めました。

ギガでの挑戦

客先に現場常駐メンバーのリーダーとして対応しつつ、管理職として課の予算達成に向けて戦略を立て遂行しています。
現場では、メンバーを次世代のリーダーとして成長してもらうため、様々なタスクを経験してもらいながら、教育・育成に努めています。
また、会社の新たな売り上げの柱として、自社サービスや新たな分野の案件獲得に向けたワーキンググループの活動もしています。
ワーキンググループの活動は、会社の将来を左右する取り組みなので責任もありますが、とてもやりがいがある取り組みです。

ギガのいいところ

社内の縦(新入社員から社長まで)の風通しが良く、社長や役員とも本音で会話する事ができる環境です。
また、自分が取り組みたい事を明確化し、会社への提案が通れば、 いくらでも取り組み、実現する事が可能です。

今後のビジョン

お客様とメンバーの間でリーダーとして業務を遂行していける社員の全社比率50%を目指して後進を育成したいです。
また、自社サービス・自社製品の開発・販売を通じて、お客様ありき、案件ありきだけの業務形態から自立成長が可能な会社体制を実現したいです。

メッセージ

まずは、貪欲にタスクをこなしながら、ご自身の技術力を身に付けてください。
技術力が十分に身に付いたら、身につけた技術を後進に伝授してください。
例えば、ご自身が10年掛けて培った技術力を新入社員(社会人1年目)に惜しみなく伝授すれば、 その新入社員(後進)は、10年を掛けずとも10年分の技術力が身に付くことになります。
結果として、新入社員(後進)の10年後は、ご自身の10年時点より技術力のUPが実現可能となります。
その様に、技術力のバトンを代々継承することで、会社全体の持続的な成長に繋がります。
最終的には、ご自身のキャリアアップや年収アップという形でリターンします。

This entry was posted in スタッフから皆さんへ. Bookmark the permalink.